アイ・ラボ

seisei

アイ・ラボで簡単に性病検査が受けれます。

アイ・ラボは、チェックの方法が違います。


アイ・ラボは、検体の採取がしっかりとされているか確認をします。

これが、他の機関と全く違った点です。


アイ・ラボは、性感染症のチェックはすべて自社の正社員が行います。

それも、細胞検査士という資格を持っている者がします。


アイ・ラボでは、顕微鏡でチェックをします。

そのため、社員全員が細胞検査士です。


細胞検査士は、臨床検査技師が専門のトレーニングを受けて、顕微鏡で細胞の異常を調べる事ができる資格です。

特に、がん細胞の判別をする技術があります。


このため、アイ・ラボでは、非常に高い精度のチェックをしています。

感染症を調べるには、一番優れています。

実際に目で判断をするため、感染症に感染をしているか、見極める事ができます。


アイ・ラボでは、淋菌やクラジミアのチェックは一番精度が高い同時核酸増幅法です。

これは、アイ・ラボに限らず精度が高い核酸増幅法が一般的です。

アイ・ラボでは、たくさんの検体が取れる加藤式子宮頸がん検査用自己採取器具を利用しています。


アイ・ラボで導入されている器具は、大量の検体を取る事ができます。

これは、医者が直接採取する環境と同じレベルにするためです。

このように器具を選別してますので、安心して利用できます。


アイ・ラボでは、検体は医者が直接採取する方法と同じ方法を使っています。

このため、保存液もPS保存液を使っています。

アイ・ラボは、リキッドベース法を使っている事になります。


郵送で検体を送る場合は、独自の処理をした試料を使います。

試料を遠心分離器にかけるので、精度が高くなります。


アイ・ラボでは、結果が正確にでる方法を採用しています。

そのため、尿道を綿棒擦過法で検体を取っています。

これは、尿の中に性感染症の菌が無い場合に対応するためです。


尿の検体は、出始めでなければチェックができません。


正確な性感染症の感染を調べたい時は、アイ・ラボを利用するべきです。

精度が高いチェックで性感染症の感染を調べられます。



性病検査を自宅で簡単にする方法を、こちらからご覧になれます。