フォアダイス

seisei

フォアダイスは、病気ではないので性病検査はいらないです。

フォアダイスについてご説明します。


フォアダイスは、病気と勘違いされやすいです。


フォアダイスは、尖圭コンジローマとよく似ている症状です。

しかし、病気ではなく生理現象です。


フォアダイスは、治療をする必要がありません。


フォアダイスを尖圭コンジローマと勘違いする人が多いです。

主に男性の性器にイボやブツブツができるのが、特徴的な症状です。


フォアダイスは、意外と多くの人に見ることができますが、病気と勘違いするため調べる人が多いです。

男性の症状は、主に男性の生殖器に症状が出ます。


フォアダイスは、脂肪です。

脂肪の粒ができて、発症します。


フォアダイスは、陰茎の部分にできたりします。

陰茎の皮膚の下にある脂肪が粒状に見えます。

このような症状が病気と勘違いします。


フォアダイスの症状は、亀頭部にも出ます。


これは、亀頭のカリの部分にできるのです。

カリの部分をぐるっと回って細かい粒ができます。


また、フォアダイスは、男性の亀頭の裏スジにもできます。

これは、亀頭の付け根の部分にできるのです。

小さなイボのようなものができます。


フォアダイスは、女性の場合にも症状ができます。

女性の小陰唇にもできるのです。


そして、フォアダイスは、口の中にもできます。

頬の内側の粘膜にも症状が出ます。

このようなことから、意外な場所でもフォアダイスはできるのが特徴です。


フォアダイスは、尖圭コンジローマと間違えられます。

これは、尖圭コンジローマと違うことを、素人では判断ができないからです。

そのため、違和感を感じた人は、調べるべきです。


フォアダイスは、治療の必要が無いです。


しかし、フォアダイスは、尖圭コンジローマと似ているため、自分で判断をしないで確認をするべきです。

そうする事で、正確な症状が分かります。



性病検査を自宅で簡単にする方法を、こちらからご覧になれます。