淋菌

seisei

性病検査が必要な淋菌は、主に風俗で遊んだり、性行為により感染します。

淋菌についてご説明します。


淋菌は、一般的な性感染症です。


淋菌は、東南アジアやアフリカなどで蔓延しています。

そして、日本でも、最近は増加しています。


ただ、淋菌は、チェックをすれば簡単に発見できます。


淋菌は症状がハッキリと出ている人が男性では多いです。

ただし、女性の場合は、症状がハッキリと出ない事が多いため、簡単に淋菌とは分からないです。


淋菌は、男性の場合は症状が出てチェックをする人がほとんどです。

男性の症状がハッキリとしているからです。


男性の症状は、感染から発症まで期間が短く、痛みなどが出ます。

この時点で治療をしなければ、前立腺炎などになる可能性があります。


淋菌は、女性の場合は症状がハッキリと出にくいです。

しかし、淋菌に感染しますと、そのまま放置しますと、いろいろな病気を発症します。

最終的には、後遺症で不妊症になる場合もあります。


淋菌は、ほとんどが性交渉で感染します。


これは、淋菌が体温に近い温度以外では育ちにくいからです。

まれに、体液が指や衣類を汚して、間接的に感染することもあります。


淋菌は、一回の性行為では、感染する確率が35%と言われています。

そして、淋菌に一回感染しても、抗体ができません。

そのため、何回も再感染します。


男性では統計的に20代後半が感染している患者が多いです。

女性で感染している世代は、20代前半です。


最近では、女性の若い世代に淋菌の患者がよく見られます。

このような事は、性感染症自体に言われている事です。

特にクラジミアと淋菌は、女性は無症状の人が多いため、潜在的な患者が多いです。


男性の淋菌の感染源は、風俗が多いです。

風俗に働いている女性が原因で感染する可能性が65%と言われています。

そのため、風俗で遊んで、痛みを感じて、発覚する人が多いです。


淋菌は、放置するといろいろな病気を発症させて悪化します。


淋菌のように、症状が悪化する病気は、少しでも自覚があれば、感染をチェックをするべきです。

そうする事で、症状を悪化させる事が無くなります。



淋菌などの性病検査を自宅で簡単にする方法を、こちらからご覧になれます。