性器ヘルペス

seisei

性器ヘルペスは、感染しやすいので、疑いがある時は性病検査をするべきです。

性器ヘルペスについてご説明します。


性器ヘルペスは、生殖器にできる皮膚のヘルペスの病気です。


性器ヘルペスは、ウイルスが感染して、性器ヘルペスが発症します。

性器ヘルペスの自覚症状としては、生殖器の周りに小さな水泡が多くできます。


性器ヘルペスは、自分が感染をしているかは、医療機関で診察を受ければ、簡単に分かります。


分かりやすい症状が、性器ヘルペスはでます。

そのため、性器ヘルペスの診断が分かりやすいです。


性器ヘルペスは、発症してから診察を受ける人がほとんどです。

これは、性器ヘルペスを発症しますと、ある程度、かゆみがあるからです。


基本的に、全ての性行為で性器ヘルペスは感染する可能性があります。

性器ヘルペスの症状が無い時であっても、感染をする事があります。


そのため、性器ヘルペスは、自分で気づかない間に他人に感染をさせる事があります。

性器ヘルペスは、病気になった部分と接触してヘルペスが感染をしますので、性行為をすると感染します。

感染を予防する事がコンドームだけでは不完全であり、性器ヘルペスの感染を完璧に防ぐのは難解です。


性器ヘルペスの治療は、基本的に決まっています。


性器ヘルペスになりましたら、塗り薬と飲み薬を使います。

もともと、ウイルスが感染して発症するため、飲み薬に抗ウイルス薬を使います。


性器ヘルペスは、治療をスタートして約7日間程度で治ります。

しかし、症状が重いケースでは、局所麻酔を注射する事もあります。

ただ、性器ヘルペスは、再発しやすいため、厄介です。


性器ヘルペスに感染しますと、感染源であるウイルスが体内に残ります。

そのため、自分の免疫力が落ちた時には、性器ヘルペスが再発をする事があるのです。


性器ヘルペスは、基本的に性交渉で感染します。

しかし、自分の体調が悪い場合にも感染をするのです。

風邪になったり、疲労がたまって、体の免疫力が落ちている時は、要注意です。


先程も言いましたが、性器ヘルペスは、再発をする可能性が高いです。

そのため、感染を疑うときは、専門医に診察を受けに行く事です。

そして、医療機関で診察を受けて、しっかりした治療をするべきです。


性器ヘルペスは、他人に簡単に感染します。


性器ヘルペスのような治療をしないといけない病気は、すぐに医療機関に行くべきです。

そうする事で、かゆみや水泡などの症状を治す事ができます。



性病検査を自宅で簡単にする方法を、こちらからご覧になれます。