ケジラミ症

seisei

ケジラミ症は、感染しやすいので性病検査が必要です。

ケジラミ症についてご説明します。


ケジラミ症は、陰毛が直接接触して感染します。


そして、ケジラミ症は、ハッキリとした自覚症状があります。

自覚症状としては、大変激しいかゆみが発生します。


しかし、医療機関で診察を受ければ、すぐに感染しているか知る事ができます。


ハッキリした症状が出ているため、診断しやすいです。


ケジラミ症は、症状が出てから診察を受ける人が多いです。

そのぐらい、ケジラミ症の症状であるかゆみは、激しいです。


一般的には、どのような場所であっても感染する可能性があります。

毛布やタオルを通じて感染する事もあります。


そのため、ケジラミ症は、同性同士でも感染します。

これは、間接的な感染があるからですが、多くは性行為を通じて感染します。

基本的に予防ができないため、ケジラミ症の感染を防ぐのは難しいです。


ケジラミ症は、治す方法は、簡単です。


ケジラミ症になりましたら、寄生している毛を剃れば確実に完治できます。

もし、それが難しい場合は、シラミの治療薬を使います。


ケジラミ症に感染する一番の原因は、陰毛の接触です。

そのため、性行為をしますと、自然と感染する確率が高くなります。

ケジラミ症は、陰毛以外も、わき毛や胸毛などにも感染します。


ケジラミ症に感染しますと、感染した場所が激しくかゆみます。

しかし、まれにケジラミ症に感染しても、何も感じない人もいます。


ケジラミ症の症状が発症する前に、医療機関で診断はできます。

だいたい、症状が出るのは、性行為などによる感染の後の1〜2ヶ月後です。

そのため、いろいろな人に感染しやすい感染症です。


ケジラミ症は、他人に簡単に感染しやすいです。

そのため、陰毛などに激しいかゆみを感じたら、感染を疑ってください。

そのような状況の場合は、医療機関で診察をすぐ受けるべきです。


ケジラミ症は、簡単に感染する可能性があります。


ケジラミ症のような治療をしないといけない病気は、すぐに医療機関に行くべきです。

そうする事で、激しいかゆみの症状を改善できます。



ケジラミ症以外の性病検査を自宅で簡単にする方法を、こちらからご覧になれます。