鼠径リンパ肉芽腫

seisei

鼠径リンパ肉芽腫は、性行為で感染しますので、性病検査を受ける必要があります。

鼠径リンパ肉芽腫についてご説明します。


鼠径リンパ肉芽腫は、日本国内では、ほとんど発症をしません。


だいたい、鼠径リンパ肉芽腫を発症する人は、海外で感染をします。

クラジミアによって感染をします。


鼠径リンパ肉芽腫に感染をしますと、潜伏期間があります。


一般的に、1〜2週間ほどの潜伏期間があります。

そして、性器にびらんができます。

しかし、このびらんを発見をしても異常と感じる人は少ないです。


鼠径リンパ肉芽腫の発症をして、びらんができても、痛みなどはありません。

そのため、びらんを見つけても気にしない人が多いのです。

そして、鼠径リンパ肉芽腫に感染をして、放置しておくと、痛みが出てきます。


このような事から、びらんができた時は、確認をする必要があります。


鼠径リンパ肉芽腫に感染をして、びらんを放置していますと、化膿をします。

さらに、鼠径リンパ肉芽腫が悪化をしますと、皮膚に穴が開きます。

悪化して、皮膚に穴が開きますと膿が出てくる症状に、鼠径リンパ肉芽腫はなります。


そこまで、鼠径リンパ肉芽腫は悪化しますと、激しい痛みがあります。

ここまで症状が出るには、相当時間が掛かります。

そのため、治療をすぐする事が難しい病気です。


鼠径リンパ肉芽腫を発症して、すぐに治療をしなければ、回復するまで時間が掛かります。

治療には、約4週間ほど時間が掛かります。

鼠径リンパ肉芽腫の治療には、薬を内服して、投薬治療を受けます。


女性は、治療が遅れますと、不妊症の原因になる可能性があります。

そのため、早めの治療が不可欠です。


鼠径リンパ肉芽腫は、放置していますと、症状が非常に広がります。

直腸や尿道、肛門までに広がって、穿孔や潰瘍ができます。

また、女性の場合には、性器に象皮病が発症する時があります。


治療が遅れると、非常に怖いです。


鼠径リンパ肉芽腫の感染を確認するには、調べる事が必要です。

そうする事で、感染を確認できます。



性病検査を自宅で簡単にする方法を、こちらからご覧になれます。