性器伝染性軟属腫

seisei

性器伝染性軟属腫は、性行為で感染しますが、性病検査はいらないです。

性器伝染性軟属腫についてご説明します。


性器伝染性軟属腫は、いわゆる水イボです。


性器伝染性軟属腫は、子供も感染をすることが多いです。

ポックウイルスが原因で感染をします。


性器伝染性軟属腫に感染する時は、接触感染です。


そのため、プールや銭湯などで感染をします。

また、大人の場合は、性行為で感染をする人が多いです。

基本的に感染をしますと、イボができます。


性器伝染性軟属腫は、特別な治療が必要ないです。

そのため、感染を確認する必要が無いです。

感染力がそれほど強くないですが、注意が必要です。


性器伝染性軟属腫は、症状として特徴的です。


性器伝染性軟属腫に感染をしますと、水イボができます。

性器伝染性軟属腫に感染してできた水イボは、中に水は入っていません。

性器伝染性軟属腫によってできたイボは、表面が光っているだけです。


性器伝染性軟属腫は、大人の場合は生殖器の周辺に感染をします。

これは、性行為によって感染をするからです。

ただし、皮膚の部分であれば、どこでも感染をします。


性器伝染性軟属腫は、顔にも感染をします。

そのため、顔に感染をした時は、見た目が悪くなります。

もし、性器伝染性軟属腫を治療する時は、いろいろな方法があります。


ピンセットでイボを摘まむ治療方法があります。

また、レーザーで焼き切る方法もあります。


さらに、性器伝染性軟属腫の治療として、液体窒素を使うときもあります。

しかし、基本的に性器伝染性軟属腫の治療は、自然治癒が多いです。

重要な事は、感染者と皮膚を接触させない事です。


感染をしてからの潜伏期間は、3週間〜6ヶ月後です。


性器伝染性軟属腫の感染を確認するには、皮膚科の医師の診断で、感染を確認できます。



性病検査を自宅で簡単にする方法を、こちらからご覧になれます。