サイトメガロウイルス

seisei

サイトメガロウイルスは、性行為で感染しますが、性病検査が必要でないです。

サイトメガロウイルスについてご説明します。


サイトメガロウイルスは、ヘルペスの仲間です。


サイトメガロウイルスは、通常感染しても症状を発生する事が少ないです。

しかし、身体の抵抗力が落ちていますと、多くの症状を発生します。


日本人が、サイトメガロウイルスに感染するケースは、赤ちゃんや子供が多いです。


ほとんどの日本人は、サイトメガロウイルスの抗体を持っているので、大人になって感染をする人が少ないです。

しかし、性行為でも抗体を持っていない人は感染をします。


サイトメガロウイルスは、一度感染すると、再度感染をしません。

しかし、身体の抵抗力が落ちると、症状が出る事があります。

そのため、抵抗力が落ちないように注意が必要です。


サイトメガロウイルスは、母子感染をする事があります。


サイトメガロウイルスが母子感染をする時は、妊娠中に母親が初めて感染をする時です。

サイトメガロウイルスが胎盤から感染をしますと、生まれてくる赤ちゃんに影響が出る時があります。

サイトメガロウイルスの母子感染によって、生まれた赤ちゃんに異常がある時が10%前後あります。


サイトメガロウイルスは、赤ちゃんや子供の時に感染をしない人は、成人になると感染をしやすいです。

しかし、感染をしても自覚症状が出ない事がほとんどです。

ただし、女性は妊娠中に感染をしないように注意をする事です。


サイトメガロウイルスは、症状が出る時は、ハッキリとしています。

身体にだるさを感じたり、発熱をしたりします。

また、サイトメガロウイルスに感染をしますと、伝染性単核球症を発症する時があります。


身体の抵抗力が低下をしていると、肺炎や脳炎など発症をします。

がん患者や透析者が発症すると、症状がひどくて死ぬこともあります。


基本的に、サイトメガロウイルスの治療は安静をする事です。

サイトメガロウイルスの治療という方法は、ありません。

ただし、肺炎などを発症した時は、服薬治療をします。


感染をしてから、症状が発症をするのは、3週間〜2ヶ月後です。


サイトメガロウイルスの感染を確認するには、内科などの医療機関で診断を受けるべきです。

内科の医師の診断で、感染を確認できます。



性病検査を自宅で簡単にする方法を、こちらからご覧になれます。