成人T細胞白血病

seisei

性病検査をする必要がある成人T細胞白血病は、性行為で感染します。

成人T細胞白血病についてご説明します。


成人T細胞白血病は、ウイルスによって感染をします。


成人T細胞白血病は、日本ではウイルスに感染をしている人が、約100万人存在していると言われています。

その中で、実際に発症する人は、1年間で約650人と言われています。


成人T細胞白血病に感染している人は、九州や沖縄に多く、感染者の約33%がその地域の人であると言われています。


感染を確認をするには、調べる事が必要です。

成人T細胞白血病は、感染をして発症をする人が40歳以上です。

だいたい、60歳以上で発症をする人が一番多いです。


成人T細胞白血病は、感染を調べるには、特定のチェックを受ける事です。


成人T細胞白血病が感染する原因は、母親から母乳を飲んで子供に感染をする事があります。

また、性行為によって感染もします。

さらに、輸血によっても成人T細胞白血病は、感染をします。


性行為による成人T細胞白血病の感染は、精子の中のウイルスによるものです。

そのため、成人T細胞白血病の性行為による感染は、男から女にだけです。

しかし、性行為による成人T細胞白血病の感染は、自覚症状はほとんどありません。


輸血による成人T細胞白血病の感染は、現在はあり得なくなったと考える事ができます。

これは、献血をする時にチェックをしているからです。

そのため、現在の日本では輸血による感染は、無いと言えます。


母子の間で成人T細胞白血病が感染をしますと、症状が出るまで最低でも30年はかかると言われています。

実際に発症をする人は、約5%と言われています。

成人T細胞白血病の母子感染を防ぐには、妊婦健診を受けていれば予防できます。


夫婦の間の感染は、夫が感染をしている場合に、感染をする可能性があります。

統計的に、結婚をして2年以内に約20%の女性が感染をするようです。


成人T細胞白血病を発症しますと、多くの症状が出ます。

特徴的な成人T細胞白血病の症状は、リンパ節の腫れです。

症状を自覚したら、すぐに調べる事です。


性行為による予防に、コンドームの使用は有効です。


成人T細胞白血病の感染を調べるには、特定のチェックを受ける事です。

そうする事で、正確に確認できます。



性病検査を自宅で簡単にする方法を、こちらからご覧になれます。