ヒトパピローマウイルス

seisei

ヒトパピローマウイルスは、性行為で感染しますが、性病検査がいらないです。

ヒトパピローマウイルスについてご説明します。


ヒトパピローマウイルスは、150種類以上あるイボです。


ヒトパピローマウイルスは、子宮頸がんの原因となります。

性行為や皮膚の接触でも感染をします。


ヒトパピローマウイルスに感染しても、ほとんどの人は無症状です。


感染する前に予防ができます。

ヒトパピローマウイルスは、多くの人が感染をしているため、子供のころにワクチンを接種する事です。

そうする事で、感染による子宮頸がんの発症を防ぎます。


ヒトパピローマウイルスは、感染を調べるには、検診を受ける事です。


ヒトパピローマウイルスの感染を調べるには、子宮頸がんの検診を受ける事が基本です。

そうする事で、自分の命を守る事ができます。

しかし、ヒトパピローマウイルスの感染を詳しく調べる事も可能です。


ヒトパピローマウイルスに感染をしているか、テストをする事ができます。

ヒトパピローマウイルスのテストには、2つの方法があります。

まず、ハイリスクのヒトパピローマウイルスの感染を調べるハイブリッドキャプチャー法があります。


このヒトパピローマウイルスの感染を調べる方法は、子宮頚部細胞検診の時に行います。

ベセスダシステム導入でASC−USと診断をされた時は、保険が使えます。

ハイリスク型の感染の有無が調べる事ができます。


もう1つのヒトパピローマウイルスの感染を調べる方法は、PCR法です。

調べた結果により、リスクが低い感染から、リスクが高い感染までわかります。


ヒトパピローマウイルスに感染をしますと、ほとんどの人は、自分が感染をしている自覚がありません。

しかし、約10%前後の人は、細胞に異常があります。

さらに、約3%の人は、がんの前の状態になります。


ヒトパピローマウイルスに感染して、がんの前の状態になりますと、がんに進行をするのに時間が掛かります。

そのため、ヒトパピローマウイルスが、がんの前の状態であっても、がんが発症しない事が多いです。

基本的に、性感症ではないです。


世の中の性行為をしたほとんどの女性は、感染をしている自覚をする必要があります。


ヒトパピローマウイルスの感染を調べるには、子宮頸がんの検診を受けるべきです。

しかし、性感染症にも、感染をしている自覚がある人は、確認をする事で感染を正確に調べる事ができます。


性病検査を自宅で簡単にする方法を、こちらからご覧になれます。