赤痢アメーバ

seisei

赤痢アメーバは、特定の性行為で感染しますが、性病検査は必要が無いです。

赤痢アメーバについてご説明します。


赤痢アメーバは、口から感染をします。


赤痢アメーバは、原虫が感染してなります。

性行為の時に、お尻の穴と口が直接接触しますと、口から感染をします。


赤痢アメーバの治療は、治療薬を服用します。


感染をしているかは、排便を調べたりします。

赤痢アメーバは、感染をしてから症状が出るまでに、時間が数年掛かる時もあります。

感染をする地域は、熱帯諸国が多いです。


赤痢アメーバは、感染を調べるには、排便を調べます。


赤痢アメーバの症状は、感染をしてから約2週間〜数年後に発症します。

2つの症状があり、各症状によって、特徴が違います。

赤痢アメーバには、大腸炎と肝膿瘍があります。


赤痢アメーバの大腸炎に感染をしますと、多くの症状が見られます。

赤痢アメーバの大腸炎は、下痢や血便などの特徴がみられます。

また、赤痢アメーバの大腸炎になりますと、何回もトイレに行きたくなったり、排便をする時に痛みがあります。


赤痢アメーバの肝膿瘍は、肝臓の一部が炎症を発生します。

そして、炎症が発生した部分に膿がたまります。

さらに、症状としても、大腸炎とは全く違います。


赤痢アメーバの肝膿瘍が発症しますと、発熱や腹部が痛くなります。

また、寝汗をかいたり肝臓が大きくなったりします。


赤痢アメーバは、治療しないと他の人に感染する危険性があります。

治療をするには、10日前後服薬投与を受けます。

そうする事で、原因となっている原虫を退治します。


赤痢アメーバに感染して、服薬治療を受けて、3ヶ月ほど経過観察をします。

そして、排便の中に赤痢アメーバがいなければ、完治と考えます。


パートナーが感染していないケースでは、肛門に口を直接つけなければ、パートナーは感染をしません。


赤痢アメーバの症状を疑うのであれば、排便を調べる事が必要です。

しかし、他の性感染症にも、感染をしている可能性があるため、感染を確認をする事で、詳しい事が分かります。



性病検査を自宅で簡単にする方法を、こちらからご覧になれます。