C型肝炎

seisei

C型肝炎は、性行為でも感染しますので、性病検査が必要です。

C型肝炎についてご説明します。


C型肝炎は、血液から感染をする事が多いです。


C型肝炎は、Cタイプのウイルスが感染してなります。

可能性としては低いですが、Cタイプのウイルス感染者と性行為をしますと感染をする時があります。


C型肝炎の治療は、いろいろな方法があります。


感染を調べる事で感染を確認できます。

C型肝炎は、患者の約65%は慢性化をします。

そして、肝硬変から肝臓がんに進行するが多いです。


C型肝炎は、感染を疑うときは調べる必要があります。


C型肝炎の症状は、感染をしてから約3週間〜3ヶ月後に発症します。

身体にだるさを感じたり、発熱をしたり、黄疸がでたりします。

しかし、C型肝炎の自覚症状がある人は、約25%前後です。


実際にC型肝炎に感染をしましても、70%以上の人は、自覚症状が無いです。

C型肝炎に感染しても、症状が軽い事が特徴です。


C型肝炎は、慢性化や急激に症状が悪化をしなければ、治ります。

しかし、多くの患者は慢性化をします。


C型肝炎は、約35%前後の人は、自然治癒で治ります。

しかし、約70%前後の人は、慢性化をします。

慢性化をしても、急激に症状は悪化しません。


C型肝炎が慢性化をしますと、症状が悪化するまで10年以上掛かります。

症状が悪化をしますと、肝臓の機能が悪化します。


C型肝炎は、治療しないでいますと危険です。

治療しないでいますと、自然の状態では治癒ができません。

その結果、肝硬変に進行し、最終的には肝臓がんとなります。


C型肝炎に感染していた場合は、パートナーも感染しているケースがあります。

そのような事を考えれば、パートナーが感染しているか確認をする事が必要です。

しっかりと感染を確認するべきです。


パートナーが感染していないケースでは、ワクチンが無いため、コンドームの使用が感染の予防となります。


C型肝炎の症状を感じたら、感染の確認が必要です。

そうする事で、正確な症状が分かります。



性病検査を自宅で簡単にする方法を、こちらからご覧になれます。