B型肝炎

seisei

B型肝炎は、性行為で感染しますし、性病検査が必要です。

B型肝炎についてご説明します。


B型肝炎は、感染力が強いです。


B型肝炎は、Bタイプのウイルスによる感染です。

そのため、Bタイプのウイルス感染者と性行為をしますと感染をする可能性が高いです。


B型肝炎の治療は、基本的には自然治癒をします。


調べる事で感染が分かります。

B型肝炎は、肝硬変や肝臓がんに進行する事があります。


B型肝炎は、チェックをする必要があります。


B型肝炎の症状は、感染をして約1〜2ヶ月後に発症します。

全身がだるくなったり、濃い尿がでたり、食欲がなくなったりします。

しかし、B型肝炎の症状を発症する人は、約33%と言われています。


そのため、実際にB型肝炎に感染をしても、50%以上の人は、感染をしている自覚がありません。

さらに、B型肝炎に感染しても、自然と治癒をする事が多いです。


B型肝炎は、肝臓の病気に進行しましたら、要注意です。

黄疸の症状がある場合は、入院をする事も必要です。


B型肝炎は、一般的には自然治癒で治ります。

だいたい症状が出てから、3ヶ月で治ります。

しかし、症状が急に悪化した場合は、肝臓移植が必要です。


B型肝炎のウイルスは、エイズより感染する力が強いです。

しかし、感染者と飲み物を回し飲みをした程度では感染をしません。


B型肝炎は、すべての性行為で感染をします。

特に海外で感染をしてくることが多いです。

そのため、コンドームを使うなどの感染の予防をする事は重要です。


B型肝炎に感染をした場合は、自分のパートナーも感染している可能性が高いです。

そのため、パートナーが感染をしているか調べる必要があります。

感染をしているか、確認をする事です。


パートナーが感染していない場合は、ワクチンを接種をすると感染を予防できます。


B型肝炎の症状を感じたら、感染の確認が必要です。

そうする事で、正確な症状が分かります。



性病検査を自宅で簡単にする方法を、こちらからご覧になれます。