A型肝炎

seisei

A型肝炎は、性行為でも感染しますが、性病検査が必要でないです。

A型肝炎についてご説明します。


A型肝炎は、口から感染をします。


A型肝炎は、Aタイプのウイルスによる感染です。

そのため、口を使う性行為などでAタイプのウイルスにより感染をします。


A型肝炎の治療は、安静にすることです。


そのため、チェックをする必要が無いです。

A型肝炎は、まれに急激に症状が悪化して死ぬこともあります。


A型肝炎に関しては、チェックをする必要が無いです。


A型肝炎の症状は、感染をして約1ヶ月後に出ます。

発熱をしたり、吐き気や黄疸などの症状が出ます。

A型肝炎は、基本的に症状が強いです。


A型肝炎を発症しますと、肝臓疾患の数値が上がります。

そのため、A型肝炎であるか確認をするには、血液を調べる事です。


A型肝炎に感染をする原因は多いです。

日本では、魚介類を生で食べたりしますと感染をする事が多いです。


A型肝炎を感染をする一番多い感染源は、牡蠣です。

また、発展途上国では、生の野菜や生水を飲んでも感染をする時があります。

そのため、海外に渡航をする時は、要注意です。


A型肝炎は、同性愛者間での感染も多いです。

性行為で口や肛門から感染をする事が多いのが特徴です。


A型肝炎は、排便の中にもウイルスがいます。

そのため、感染者が排便をした後に、しっかりと手を洗わないで料理をすると、家族に感染をする場合があります。

このような事から、普段から清潔にすることが必要です。


A型肝炎は、治療は安静にすることです。

期間にして約3ヶ月前後で、自然に治癒されます。

そのため、内科を受診をするべきです。


感染していますと、他の人に感染する力が強いため、自覚症状を感じたら、すぐに医療機関の診察を受けるべきです。


A型肝炎の症状を感じたら、それ以外の他の病気である可能性もあります。

診察を受ける事で、正確な症状が分かります。



性病検査を自宅で簡単にする方法を、こちらからご覧になれます。