軟性下疳

seisei

軟性下疳は、日本国内の感染が少ない病気であり、性病検査が必要です。

軟性下疳についてご説明します。


軟性下疳は、海外で感染をする事がほとんどです。


日本国内で軟性下疳は、ほとんど感染をしません。

そのため、海外で性行為をする事は注意が必要です。


軟性下疳の治療は、抗生剤の投与を受けます。


また、目視で診断を受ける必要があります。

軟性下疳は、早く治療を受けないと、痛みが激しいです。


軟性下疳は、医療機関で診断をするべきです。


軟性下疳の症状は、性器などに小さなこぶができます。

そして、そのこぶがつぶれて潰瘍になります。

軟性下疳は、潰瘍ができますと強い痛みを感じます。


軟性下疳を発症しますと、たまに太もものリンパ節が大きく腫れます。

軟性下疳になりますと、症状として非常に苦痛を感じます。


軟性下疳に感染をしますと、痛みがありますので、放置をする人はほとんどいません。

また、感染してからの潜伏期間が短いため、早期に発見できることが多いです。


軟性下疳は、治療する期間は比較的短いです。

医師の診察を受ければ、約1週間で完治をする事がほとんどです。

そのため、潰瘍ができて、痛みを感じたら、感染を疑うべきです。


軟性下疳は、口の中に潰瘍ができる時もあります。

そのため、医師の診断を受けますと、特徴的な症状であるため、簡単に病気を特定できます。


軟性下疳は、潜伏期間が短いため、他人に感染しにくいです。

しかし、特定のパートナーがいる場合は、しっかりと伝える必要があります。

感染の予防にコンドームは有効です。


軟性下疳は、菌によって感染をします。

その菌に触りますと、他人に感染をします。

潰瘍などの症状が性器にできたときは、医療機関で診断を受けるべきです。


感染していますと、自覚症状として痛みがあるので、そのような時は、すぐに医療機関に行くべきです。


もし、軟性下疳の症状を感じたら、医療機関で診察を受けるべきです。

そうする事で、正確な症状が分かります。



性病検査を自宅で簡単にする方法を、こちらからご覧になれます。