外陰炎

seisei

性病検査が必要な場合がある外陰炎は、女性だけの病気です。

外陰炎についてご説明します。


外陰炎は、いろいろな菌やウイルスが感染して起きる事が多いです。


外陰炎は、女性だけの病気です。

そして、性行為感染症であるときもあります。


外陰炎は、治療をする場合は、感染した菌などによって、まったく対処が違います。


そのため正確に調べる必要もあります。

カンジダなども外陰炎の原因となる場合があります。


外陰炎は、多くの種類の菌やウイルスによって発症するため、確認をするべきです。

外陰炎の症状は、陰部が赤くただれたり、痛み・かゆみがあります。


また、外陰炎になりますと、患部が下着とこすれると痛みがあります。

幅広く炎症が広がる事が多いです。


外陰炎を発症しますと、肛門や足の付け根までかゆみが出たりします。

このような症状のため、外陰炎になりますと苦痛です。


外陰炎は、慢性化をすると厄介です。

陰部の肌の色が変わったり、痒みが止まらないです。


外陰炎は、感染性のタイプがあります。

外陰の部分を不潔にしたり、荒々しい性交によって、陰部に傷がつきます。

その傷に、いろいろな菌が入って感染をするケースです。


外陰炎は、非感染性のタイプがあります。

下着やナプキンを使用している時に、外陰の部分が摩擦をして、その事が原因でなります。


非感染性の外陰炎では、治療は、軟膏や薬が出されます。

外陰の部分を清潔にすることで、湿りがちにならないようにします。

外陰の部分を強く洗うことは、逆効果です。


トイレを利用した後は、ウオシュレットであれば、温水を使うべきです。


感染性の外陰炎の場合は、まずは、感染した菌を突き止める事です。

そのためには、医療機関で受診をする必要があります。


そして、感染した菌に適した治療をすることです。


もし、外陰炎の症状を感じたら、医療機関で診察を受けるべきです。

そうする事で、正確な症状が分かります。



性病検査を自宅で簡単にする方法を、こちらからご覧になれます。