亀頭包皮炎

seisei

亀頭包皮炎は、男性だけの病気であり、性病検査はいらないです。

亀頭包皮炎についてご説明します。


亀頭包皮炎は、性行為の時に雑菌やカビが感染して発症する病気です。


亀頭包皮炎は、病気になるのは自分だけです。

そのため、性行為感染症ではないです。


亀頭包皮炎は、治療をしても、なかなか治らない事があります。


しかし、診断は、簡単にできます。

カンジダなどのカビなども亀頭包皮炎の原因となります。


亀頭包皮炎は、梅毒や性器ヘルペスと勘違いしやすいため、確認はしたほうがいいです。

亀頭包皮炎の症状は、亀頭や包皮にただれや軽い痛み・かゆみを発症します。


また、それ以外の亀頭包皮炎の症状も多くあります。

亀頭や包皮が、カサカサしたり、湿ったりします。


亀頭包皮炎の症状は、アレルギーで起きる時もあります。

そのため、亀頭包皮炎の原因は特定をしにくいです。


亀頭包皮炎は、主に包茎の人がなりやすいです。

そのため、亀頭が包皮でおおわれている子供が発症しやすいです。


亀頭包皮炎は、医療機関で治療をしても治らない人がいます。

そのような人の多くが若者です。

ほとんどの人の原因は、特定できます。


亀頭包皮炎では、カンジダ菌によっても発症します。

その場合、多くの患者が同じような行動をしています。


カンジダ性の亀頭包皮炎では、患部の亀頭や包皮を洗いすぎるのは、良くありません。

しかし、多くの患者は患部を一生懸命に洗います。

この洗いすぎが、治療を妨げるのです。


石鹸で一生懸命患部を洗っても、カビはとれません。

石鹸でバイ菌はとれますが、カビはとれないのです。

このような事を知るために、医療機関で受診をする必要があります。


亀頭包皮炎は、症状によって治療方法を変える事です。


もし、亀頭包皮炎の症状を感じたら、医療機関で診察を受けるべきです。

そうする事で、正確な症状が分かります。



性病検査を自宅で簡単にする方法を、こちらからご覧になれます。