疥癬

seisei

疥癬は、昔は性行為でよく感染していましたが、現在では性病検査をする必要がないです。

疥癬についてご説明します。


疥癬は、ダニが感染してなる病気です。


疥癬虫が、感染をします。

そして、激しいかゆみを感じるブツブツができます。


疥癬は、昔は性行為でよく感染をしておりましたが、現在の治療は皮膚科で行っています。


診断は、皮膚科でします。

現在では、年配の方や介護をしている方が多いのが、疥癬です。


疥癬は、感染率が高く、同じ畳の部屋で寝ている人のほとんどが感染をする報告もあります。

男性の疥癬の症状は、指や性器、また、わきの下などに出ます。


疥癬の症状は、赤いツブツブができます。

そして、感染をしますと、激しいかゆみがあります。


疥癬の症状は、他に、ミミズ腫れのような発疹ができます。

この発疹は、疥癬トンネルとも言われています。


女性の症状も、男性と変わりません。


疥癬虫は、感染源であるダニです。

肉眼で発見をするのは、難しいです。


疥癬は、感染してから約1ヵ月で発症します。

激しいかゆみの自覚症状があります。

感染率が高いため、早く診断を受ける必要があります。


疥癬を治すには、薬剤を全身に塗る事です。

しかし、それだけでは治す事ができません。


疥癬の感染源である衣類や寝具を、殺虫剤で消毒します。

また、感染源を洗濯をすることも必要です。

そのため、感染をしましたら、徹底して感染源を断ち、治す必要があります。


感染しましたら、約1ヵ月は殺虫をする必要があります。

そうしなければ、再発の可能性があるからです。

そのため、皮膚科の診断が不可欠です。


疥癬は、治療が必要です。


もし、疥癬の特徴がある症状を感じたら、病院に行く必要があります。

皮膚科で診察を受ける事で、正確な症状が分かります。



性病検査を自宅で簡単にする方法を、こちらからご覧になれます。