尖圭コンジローマ

seisei

尖圭コンジローマは、性行為でよく感染しますので、性病検査が必要です。

尖圭コンジローマについてご説明します。


尖圭コンジローマは、性器や肛門の辺りにイボができる病気です。


尖圭コンジローマは、イボができますと手術をします。

しかし、イボを取っても、再発をする可能性が高いです。


尖圭コンジローマは、性交渉でよく感染をするため、治療は早くするべきです。


まずは、尖圭コンジローマの確認しないといけません。

症状が特徴的です。


尖圭コンジローマは、男性と女性とも同じような症状が出るため、パートナーと同じ症状がでたら確認をするべきです。

男性の症状は、陰茎、亀頭、陰のうなどにでます。


尖圭コンジローマの症状は、薄い桃色や茶色のイボができます。

しかし、発症しましても、ほとんど自覚症状がありません。


尖圭コンジローマの男性の症状は、ほとんどありませんが、たまに痛みやかゆみを感じる時があります

それ以外の症状は、肛門周辺にも出ます。


尖圭コンジローマの女性の症状は、生殖器全般に出ます。


特に、尖圭コンジローマに感染して、放置をしますとイボが大きくなります。

そして、イボの数も増えます。


尖圭コンジローマは、口腔へも感染します。

尖圭コンジローマは、皮膚や粘膜の傷からも感染します。

しかし、基本的には性行為で感染をします。


尖圭コンジローマは、「良性型」のヒトパピローマウイルスが原因です。

尖圭コンジローマは、良性のためがんにはなりません。


しかし、尖圭コンジローマの原因である「良性型」ヒトパピローマウイルスではなく、「悪性型」に感染をした場合は別です。

「悪性型」のヒトパピローマウイルスに感染をしますと、子宮頸がんや口腔がんになる可能性があります。

そのため、尖圭コンジローマに感染をしましても、がんの発症を心配をする必要が無いです。


尖圭コンジローマは、明らかに見た目で自覚症状を確認できます。

ただし、フォアダイスと間違える可能性があります。

そのため、ハッキリした診断をするために、診察を受けるべきです。


尖圭コンジローマは、治療が必要です。


もし、尖圭コンジローマの特徴がある症状を感じたら、病院で診察をするべきです。

診察を受ける事で、正確な症状が分かります。



性病検査を自宅で簡単にする方法を、こちらからご覧になれます。