クラジミア

seisei

クラジミアは、自宅で簡単に性病検査で調べる事ができます。

クラジミアについてご説明します。


クラジミアとは、クラミジア・トラコマチスという名称の細菌が性器や尿路、のどに感染しますと発症します病気です。


クラジミアは、細胞中でしか増える事が無い細菌の種類です。

そして、その細菌は、4種類の菌に分けられています。

自宅で簡単に感染しているか分かります。


STDの中で一番多い病気です。


クラジミアは、感染を自覚している人が意外と少ない事も特徴的です。

その理由は、クラジミアには、自覚症状をほとんど感じない人が多いからです。


主に性器やのどの病気と考えられています。

しかし、咽頭にも感染しますので、のどや咽頭に感染しますと、自覚症状がほとんどないです。


クラジミアは、感染力があまり強くありません。

感染している粘膜が、直接粘膜に接触すれば感染します。

しかし、軽いキスぐらいでは、クラジミアは感染する可能性は低いです。


クラジミアの正式名称は、クラミジアと言います。


クラジミアは、一般的に感染してから、数週間で発症します。

自覚症状がない事が多いので、本人自体が気付かない事が多いです。


男性がクラジミアになりますと、尿道から膿みたいなものが出ます。

また、痛みがある時もあります。

男性の場合は、クラジミアになりますと、意外と気付きやすいです。


女性の場合は、クラジミアになりますと、おりものが多くなる事があります。

しかし、女性が感染した場合のクラジミアの症状は、あまりなく自分自身で気付かない事が多いです。


のどにクラジミアが感染した場合は、症状が出る時があります。

症状としては、痛みがある場合がありますし、痰が増える事があります。

しかし、症状がない事が多いようです。


クラジミアは、感染の確率は一般的な病気と同じように医学的に考えられています。

そのため、10代や20代の女性は想像以上に感染していることが多いです。

このような現状から、違和感を感じて性病検査をして、感染が発覚する事が多いです。


クラジミアは、現在では多くの人が感染しています。


クラジミアのような感染が分からない病気は、積極的に自分で調べるべきです。

自宅で簡単に調べる事で、自分やパートナーの身体を守れます。



クラジミアの性病検査を自宅で簡単にする方法を、こちらからご覧になれます。